2011年5月10日火曜日

大阪ステーションシティ いまいちデンナ!

昨日 昼間、少し時間が有ったので、某百貨店建築担当の方と、照明デザイナーの方と3人で、5月4日にオープンした大阪ステーションシティに

全体図はこれ! フロアーガイドより。 
右:北ビルに三越伊勢丹、ルクア(専門店街)。
中央:大阪駅・大屋根
左:南ビルは大丸百貨店の増床(巷では、地盤が弱く 南に倒れそうなので、増床したとか? ホンマカイナ?)


地下鉄御堂筋線からの連絡通路 やっと出来た。


5階の時空(とき)の広場 下が大阪駅ホーム。
ここは、壮観なながめで、よい空間・デザインですな


さて3人は、各々目線が違うので、1人で歩くよりは面白い。「この床材はOOで中国産の安物・・・」「この照明はOO社の廉価版・・・」等など

飲食店街では、関西初登場の店を重点的に、内装を外からのぞきながら
この店は、2年持たんかも? この店 はやりそう! 値段は フムフム。

「風の広場」では この メメシイ噴水 床が濡れて滑るだけデッセ
ある人は、ただの水漏れかも? ですって?




外壁の溝には、コーキング材が入っていないところが目立。そのうち壁から雨水が入りマッセ、台風シーズンまでにシナハレヤ。急いだんヤロな。

11階の「風の広場」から階段を上って14階相当の「天空の農園」に


アラカンの若人でも、ハアハア いって登っているのに、もう少し経験を重ねている人は「ブツブツ」言って、若夫婦もベビーカーを持ちながら・・・

やっと登っても、こんなもんです。 ほとんどの人が、心のオクソコで
「二度と来るか!」と思っている。 そのうちさびれるヤロな!

まとめ
照明器具は見事にほとんどがLED。蛍光灯や白熱灯を使ったら「国賊」にされそう。床壁は、一部を除いて廉価なものが使われているそうです。

よく言われているが「昔はいいものを使っていた」から長持ちした。
今は安物ですぐに補修・・・壁はすでに割れが数箇所見れた
 
何を使うか、三越と、伊勢丹とJRの担当者で色々葛藤もアッタンヤロナ!
南ビルの大丸は、そんなもんかな? マアマアですな。 程度の感想です。

3時間ほど歩き、つかれきったアラカン達は、梅田の地下の「二度付け禁止」の立ち飲みへ消えた。

体力復活後、西中島南方で絵画展のオープニングパーティで沈没。

がんばれ!!日本 がんばれ!!東北
パワフルなアラカンデザイナーにも応援のクリックを
人気ブログランキングへ