2009年12月27日日曜日

少子化対策 「停電の日」 の提案

26日土曜日の日経新聞夕刊「あすへの話題」女優 浜美枝さんのコラム「大晦日の停電」を読んで、
昔、酒の席で少子化対策を話題に飲んだことを思い出した。

同世代の飲み会では、せっかくだから、多少は世の中に役立つ、仕事にも役立つ話題で・・・との思いで、バカばなし+テーマを持っていた。

その時のテーマは「少子化対策」だった。照明関係の仕事にタッチしたばかりで、「あかり」とは何ぞや! も話題にしてもらった。

あかりと少子化が結びつき「停電の日を作ろう!」で盛り上がった。
全国が一斉に停電になったら、皆さん何をしますか?

あかりの大切さ、あかりの心理的役割、ろうそくの情緒、闇による五感の働き、闇の怖さ・・・あかりの再認識の日にもなる。

そして、闇のよる、若いカップルは? フ・フ・フ。
トツキトウカ後には、産婦人科では「オギャー」「オギャー」の連呼か?

これで少子化対策と、あかりの大切さを知ってもらうことが一石二鳥!

よいアイデアだと、いろいろなところで語ってきたが・・・まともに聞いてくれる人は、まだいない!

最近停電がほとんどない! それが少子化の原因かも?
戦略担当なのにアイデアの出ない、「勘」の鈍い副総理に、教えに行こうかな?